まげメン 豊川悦司

スポンサードリンク


まげメンの豊川悦司 角川映画でも高い評価!

まげメンの豊川悦司さんは、「今度は愛妻家」という題名の映画でも大活躍していて、ヤングでも女性ともに注目されている代表的な存在です。まげメンとしての豊川悦司さんの演技においては、ストイックであると同にダラシのない男をもたくみにこなしているユニークさに大きい注目が寄せられていることは特筆されるべきことです。

 

とくにほかのドラマなどにおいても、まげメン豊川悦司さんの身振りや手振りそして顔の表情さらにはとてもよく透る声の質には、プロの関係者からも高く評価されています。監督や企画者も、まげメンとして豊川悦司さんを起用することについては、「角川映画」に最高と認めさせるにいたっており、とても大きい期待が寄せられているそうです。

 

オールドフアンには、なじみが少ないことが一部では懸念されているようですが、このまげメンなる新用語は、髷を結ったメンつまり男の意味で、さらにはイケメンという新語もあって、"イケルメン"つまりいかす男からの派生語です。

 

したがってまげメン豊川悦司さんはチョンマゲがよく似合っているハンサム男なのです。熟年層あるいは高齢者は、まげメン豊川悦司さんのユニークさを実感できるテレビドラマを見たり、ステージのライブにも出かけたりして大いに若返えりましょう。